岩手大学 理工学部 三好研究室

よくある質問

研究内容・研究室関連

  • どんな研究をしていますか?
    リハビリテーション、水中資源調査・管理など、人間とロボットが協調し、人間の機能や作業をロボット技術で支援することを研究しています。
  • なぜ今の研究テーマを選んだのですか?
    学生の頃は2足歩行ロボットの研究をしていましたが、ロボットの歩行と人間の歩行は「似て非なるもの」と感じました。そこで人間の運動機能を知ろうと思ったことがきっかけです。その後、私なりに震災復興に貢献できるようなテーマとして水産ロボティクスを始めました。
  • 今のテーマのやりがいや手応えはいかがですか?
    研究室のメンバーとともに設計し製作したロボットが、当初の予定通りとはいかないまでも、とにかく動いた瞬間の感動が忘れらないです。この感動をずっと味わいたいですね。
  • 研究室はどのような雰囲気ですか?
    基本的には学生のみなさんが一生懸命、切磋琢磨しています。指導教員としては学生が主体的に取り組めるような環境構築を心掛けています。時々は息抜きとしてサッカーやウィンタースポーツに出かけています。
  • 三好研の学生の進路はどのような状況ですか?
    学部生はほとんどが大学院へ進学しています。自分たちで製作したロボットがきちんと動くようになるまではやはりそれくらいの時間が必要なのかもしれません。就職は自らが希望する企業や職種に就いています。主な就職先はこちらから確認できます。

その他(主に出前講義やオープンキャンパスで高校生から受けた質問です)

  • 私もロボット研究者になれますか?(高校生より)
    なれます!もちろん、努力が必要ですが。いつか一緒に仕事ができるといいですね。
  • どんな勉強をしておけばよいですか?(ロボット研究者になるためには)(高校生より)
    まず大学に入ることを考えると、主要科目は重要ですね。私自身は「物理」が苦手でしたけれど(笑)ロボット開発は色々な知識や経験が重要になりますので、大学では様々な科目を有機的に履修することをオススメします。
  • 将来の夢は?(高校生より)
    高校生の頃は数学の先生になりたかったのですが、縁あって大学教員になりました。将来は自分たちが関わったロボットが岩手県だけでなく、日本や世界中で活躍できる日が来ることを願いつつ、日々精進しています。