岩手大学 理工学部 三好研究室

研究内容

自然に学ぶ/生物の運動制御機構

ヒト・昆虫・魚類を対象生物とし、その優れた運動制御機構をロボットシステムの新たな制御方法とする研究を進めています。

ヒトや動物は時に素早く、時に精緻な運動を可能にしています。これらの運動は脳からの運動指令に基づいて、脊髄等を経由し最終効果器(筋肉)を動かすことによって達成されます。まだまだ不明な点が多いのですが、ヒト・昆虫・魚類を対象とした運動制御機構を明らかにしロボットシステムの新たな制御方法の研究を進めています。

論文

2019年
Shimizu,T.,Miyoshi,T.,Postural control in the pitch direction using flexion angles of the root and fin tip of the pectoral fin in Mobula japanica,Journal of Aero Aqua Biomechanisms,Vol.8 Issue 1,pp.6-12
2018年
Miyoshi,T., Nishimura,T.,Shimizu,T.,Handling parameters for rotational moment generation with four-wing flapping, Journal of Aero Aqua Biomechanisms, Vol.7 No.1,pp.1-8
Nakamura,T.,Miyoshi,T.,Sato,S.,Takagi,M.,Kamada,Y.,Kobayashi,Y.,Differences in soccer kicking type identified using principal component analysis,Sports Engineering,Vol.21 Issue 3,pp.149-159
2016年
Nakamura,T.,Miyoshi,T.,Takagi,M.,Kamada,Y.,Synchronized Lower Limb Kinematics with Pelvis Orientation Achieve the Non-rotational Shot,Sports Engineering,Vol.19,pp.71-79

資金獲得状況

2012年
科研費基盤B(分担)(2012-2014)
科研費挑戦的萌芽研究(代表)(2012-2013)
2011年
財団法人稲盛財団 平成23年度 研究開発助成